男なら共感出来る、どうしてもデリヘルを呼びたくて疼く瞬間

多くの男性が中毒性があるかのごとくハマってしまうデリヘル遊びには利用したくて堪らなくウズいてしまう時があるはずです

*

遊び慣れたデリヘルユーザーの葛藤の日々

あなたはどんな時にデリヘルに一番行きたいと思いますか?
仕事などが上手くいった時の自分へのご褒美?もしくは思いっ切り凹まされた夜?いや、単純に精子が溜まりに溜まってしまってどうしようもない時?はたまた生死をさまようほど疲れ切ってしまった時…?などなど皆さんの頭の中にも「あー!!! もうダメ。もう我慢できない。デリヘル行きテェーな?!!」と思う瞬間はあるかと思います。
基本的にはこのリビドーに従う形でいいのだと思いますが、それでもいい時とダメな時がありますよね。でも、今月はダメだってことになったりすると、逆に無性に行きたくなることが多いですよね。
そこで、多くのデリヘルユーザーが考えるその瞬間をいくつも上げてもらい、皆はその気持ちをどういう風に鎮めているのかを教えてもらいます。これを読み直し、火照ってしまった自分をクールダウン…してもらえれば、と。効果のほどはわかりませんが、同じように考えているデリヘルユーザーがいるというだけで、なにやら嬉しくなったりしませんか。ゆっくり読み返して、よし今日は行った気になってオナニーだけして寝とこうってなれば御の字です。
ただ、同調して、やっぱりここで行っとくのは正解なんだ、という結論に達してしまってもそれは自己責任ということでよろしくお願いします(笑)。
逆に皆さんの背中を押すようなことも言いますが、男性にとって”射精”は代謝に近い働きをするのも事実です。ちなみに3日に1回はしておかないと男性ホルモンを作る能力が衰え、運動率の低い精子が生まれたり、さらに進行すると精子自体に奇形腫が生まれたりする可能性もあるそうですよ。要は、出さなくてもいい時にはキッチリ我慢し、出さなきゃいけない時にこそ気持ちよく出すということですね。限りあるお金でデリヘルへ遊びにいくわけですから、惰性で遊びに行くのではなく、メリハリをつけた遊び方が大事なのです。この文章がその歯止めの役割をしてくれるかは…う?ん、わかりませんね。(笑)。
限りある人生に柏のデリヘル風俗情報でメリハリのある女性を!

公開日:
最終更新日:2016/03/07